デジタルベストアルバム『MONKEY MAJIK BEST - Special Selection Edition by Maynard, Blaise, TAX & DICK -』リリース

2020/11/18
2021年早春にリリースをするベストアルバムに先駆けて、メンバーが選曲したデジタルアルバム『MONKEY MAJIK BEST - Special Selection Edition by Maynard, Blaise, TAX & DICK -』が11月18日(水)にリリースされました。

これまでの20年でリリースした楽曲の中から、メンバーそれぞれがBEST3曲をセレクト。
計12曲を収録したデジタル限定アルバムです。

『MONKEY MAJIK BEST - Special Selection Edition by Maynard, Blaise, TAX & DICK -』
2020年11月18日(水) 配信限定リリース

▼収録曲
M1:Livin’ in the sun (Blaise)
M2:Change (Maynard)
M3:空はまるで (Blaise)
M4:木を植えた男 (TAX)
M5:Headlight (Maynard)
M6:Delicious (Blaise)
M7:A.I. am Human (DICK)
M8:ウマーベラス (TAX)
M9:留学生 (Maynard)
M10:Bitten By You (DICK)
M11:Golden Road (TAX)
M12:Eden (DICK)

▼視聴はコチラ
https://asab.lnk.to/mm_al_selection

<選曲に関して>
▼Maynard 「Change」「Headlight」「留学生」

「Change」 吉田兄弟の津軽三味線フレーズは何度聞いてもしびれる!ジャンルが違うアーティスト仲間とのコラボの楽しさを知った大切な曲。

「Headlight」 東日本大震災後、音楽家として生きていく再決意をするきっかけとなった曲。

「留学生」日本語に聞こえる英語、英語に聞こえる日本語という2つパラレルワールドを表現したトリックソング。今までで一番歌詞に力を注いだ。体育くんの唯一無二の感性には脱帽!

▼Blaise 「Livin’ in the sun」「空はまるで」「Delicious」

「Livin’ in the sun」 自分の音楽文化になかった世界の音を使って、MONKEY MAJIKサウンドと民謡を融合させた曲。制作を通して、音楽はノールール・ノージャンルだと改めて実感した。

「空はまるで」 この曲をきっかけにして、それ以降「Together」「ただ、ありがとう」など多くのFolk feel good songsが生まれた 。

「Delicious」 これまでのステージパフォーマンスを一新させた曲。Deliciousを作ったことでノリノリなMONKEY MAJIKという新しい扉が開いた。

▼TAX 「木を植えた男」「ウマーベラス」「Golden Road」

「木を植えた男」 震災後に音楽活動を再開したとき、人として何をすべきかを作品として残したく制作した曲。

「ウマーベラス」 盟友サンドウィッチマンのゼロカロリー理論を歌で証明したかったので!

「Golden Road」 思い通りにならないことがあっても、同じことを積み重ねていくことの大切さや日常を書いた思い入れのある曲。

▼DICK 「A.I. am Hunan」「Bitten By You」「Eden」

「A.I. am Hunan」 宮城県出身の石ノ森章太郎さんの「サイボーグ009」のテーマソングとしてすごく盛り上がって作った曲で、往年のアニメソングっぽい雰囲気をオマージュしつつ、現代的デジタル感も織り交ぜていって、サウンド面も純粋にいいものができたと自負できる曲。

「Bitten By You」 聞いた瞬間に気持ちにふれる音楽ってあると思うけれど、この曲も「スプーキッズ ザ・ムービー」のテーマソングとして、たとえ歌詞がわからなくてもたくさんの子供たちに楽しんでもらえる曲にしたかった。

「Eden」 今年は悩みや不安で辛い気持ちをどこに持っていくか問われた一年だったけれど、いろいろ受け止めながら前に進もうという歌詞が今にぴったりなので!